anoxia

上池袋anoxia

7/16 『種を蒔く』光と影/小熊栄

anoxia lounge種を蒔くvol.5「光と影」小熊栄

7/16(月)
open19:00- / start19:30-
1000円

ゲスト:小熊栄
ナビゲーター:田口賢治
進行:加藤裕士

「カメラマン」「フォトグラファー」「写真家」。写真を撮ることを生業とする人の呼名は様々あるが、そのどれもが違和感を感じる、と小熊栄は語る。写真=真(実)を写す?疑問を抱えて、自分の行為は「光画」なのだ、という答えに腑に落ちた、という。

写真はいつから「写真」なのか。

ガウディのサグラダ・ファミリアに魅せられ、スペインに初めて訪れたのが1999年。以来、毎年、バルセロナを拠点に各地を周る。その対象は、建築・その土地の文化・光と影。撮りに行くのではなく、地に立つこと「訪れ」。

今回の「一本の酒」は「ワイン」
マルケス・デ・リスカル ティント・レセルバ
スペインの光をふんだんに受けた、樹齢15年以上の葡萄から作られた赤ワイン。サルバドール・ダリが愛した酒、という逸話も。

小熊栄プロフィール
1959 新潟生まれ
1978 法政大学 工学部 建築学科 入学
1981 大学中退 東京写真専門学校入学
1983 (株)ササキスタジオ入社
1989 猫賀状をはじめる
1998 フリーランスとなる
同年 初めて田口賢治作品撮影
1999 初めてBarcelonaを訪れる(2018まで20年続いている)

ササキスタジオ在籍中よりアートインスターレーション、ダンス、ミュージシャンの撮影をはじめ現在に至る 。

ご予約の方優先。ご予約・お問合せは下記まで
tasukaru2@yahoo.co.jp
kenji.taguchi.works@gmail.com
hrsh.kato@gmail.com

@上池袋anoxia
https://anoxia2018.hatenablog.com
豊島区上池袋4-20-1
東武東上線「北池袋」より徒歩5分
JR埼京線板橋駅」より徒歩10分

f:id:anoxia2018:20180618023742j:image