anoxia

北鎌倉、極楽寺、銀座、足利

1/12 種を蒔く「六番目の感覚」滝波日香里

anoxia lounge種を蒔くvol.10
「 六番目の感覚」滝波日香理

1/12(土)13:00開場/13:30開演
会場:上池袋anoxia
出演:滝波日香理


企画:加藤裕士(anoxia)、田口賢治

今回の「一本の酒」は「甘酒」

私たちは感覚がもたらす情報をもとに、 自分の世界を形作っています。視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚を、 私たちは「五感」と呼んでいますが、実はそれに加えて、 もうひとつ、私たちは六番目の感覚を持っています。 それは何かというと「筋感覚」と呼ばれるものです。


五感が自分の外側の情報をもたらすセンサーであるのに対して、 筋感覚は自分の内側で起きている情報をもたらすセンサーです。 これは特別なものではなく、 誰もが当たり前に持っている能力ですが、 感覚として認識されることが少ないようです。どんな感覚も、 研ぎ澄ませることで世界の見え方が変わりますが、 筋感覚は磨いていくと、心と体の気づきが増してゆきます。


見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触る、そして動く。 トークでは感覚をめぐる色んなことを思いつくまま語りながら、 参加者のみなさんと実験をしたりして遊んでみたいと思います。 さて、どんな世界が開けるでしょうか。


「一本の酒」は、お正月なので甘酒にしてみました。
1月のanoxiaは結構寒いと思うので、 十分暖かい服装でお越しください。



滝波日香理  プロフィール
アレクサンダー・テクニーク教師。 体力のなさや慢性的な頭痛に悩まされていたことをきっかけに「 アレクサンダー・テクニーク」というボディワークに出会い、 会社勤めをしながら7年かけて資格を取得。「できないこと」 が体の使い方ひとつで「できること」に変わるという経験を重ね、 自己イメージが大きく変わりました。週末を中心に月1〜 2回ワークショップを開いています。


※アレクサンダー・テクニークとは
心身の無意識の習慣に気づきを向けて、 その瞬間に適した反応が選択できるようにトレーニングする、 動きの再教育メソッドです。F.M.アレクサンダー(1869〜 1955)はオーストラリア・タスマニア島生まれの舞台俳優。 本番中に声が出なくなるという困難に直面し、 その原因が無意識に起こる動きのクセであることを発見。 その望ましくない反応をやめる方法を探究したのがテクニークの始 まりです。何かがうまくいかないときに、 努力を付け加えるのではなく「やりすぎていることをやめる」 という引き算の発想です。 欧米では俳優や音楽家の基礎レッスンとして普及しているほか、 医療の分野では腰痛に対する効果が認められています。



ご予約の方優先。ご予約・お問合せは下記まで
hisakatano0108@gmail.com
kenji.taguchi.works@gmail.com
hrsh.kato@gmail.com